ジェネリック医薬品とは | バイアグラでED治療!副作用についても知っておこう!
色の違う錠剤

ジェネリック医薬品とは

バイアグラは世界でももっとも有名なED治療薬です。有名なお薬であるほどにジェネリック医薬品というのが出ている可能性は高いと言えるのですが、事実バイアグラにもジェネリック医薬品が出ています。
ジェネリック医薬品なら安価で買えて、かつ効果が変わらないということなので、これはぜひ活用してみたいところだといえるでしょう。
そもそもバイアグラは長期的に利用していきたいもの。一回の値段を落とせるのならしめたものですよね。

ところでジェネリック医薬品って何だろう?という人もいると思います。なんか同じ効果で値段が安いというのは知っているけど、ちょっとよくわかんないという感じだと思います。
じつはジェネリック医薬品というのは、新薬に対し後から作ったお薬なのです。
新薬というのは9〜17年と500億円という膨大な時間や費用が必要になるもの。それもそのはず、一から作るものだからです。しかし、ジェネリック医薬品というのは、そのあと作るので作り方が分かっている状態です。そのため3年と1億円ほどで済むというところから、売値が安価で済むのです。

しかし、安い!というだけがメリットではありません。そこには有効成分以外なら変化させてもいいというルールもあります。それはたとえば、味や大きさだったりします。苦くて飲めないよーという場合や大きくて飲み込めないよーという人はジェネリック医薬品なら飲めるかもしれないという選択肢が生まれるわけなのです。